お金・副業

【Wealth Navi運用報告】2018年12月からの3ヶ月間のウェルスナビ実績

2018年12月から運用を開始したWealth Naviの結果報告をしたいと思います。

運用といっても毎月2万円が口座から自動で引き落とされているので、僕自身は何もすることはありません。

最初に10万円を入れて、あとは毎月2万円が自動で積立される仕組みを作っています。

【会社員必見】初心者が積立で資産運用するならロボアドバイザー投資がおすすめ

働いていると投資する時間も取れませんよね。

ですので、

会社員の方には、ほったらかしの積立がストレスも少なくてオススメです。

では、早速結果を見てみましょう。

Wealth Navi2019年2月末の運用成績

16万円の積立額に対して+7876円で167,876円になりました。

+4,97%でまずまずの成績だと思います。

20年〜30年と長期で運用していく予定なので、多少のプラスマイナスを気にしていても仕方ありません。

コツコツ積立していきましょう。

Wealth Naviには許容リスクというものがあって5段階で設定可能です。

僕は5段階の4に設定して、ある程度リスクをとっています。そのため米国株(VTI)や日欧株(VEA)の比率が多めです。

リスクを少なくすると債券や金などの比重が高くなってリスクが少なくなりますが、リターンも少なくなってしまいます。

せっかく投資をするなら、3から4あたりでリスク設定しておくのが理想だと思います。

物価も上がって現金の保有だけでは資産は目減りしてしまう。

もうすぐ消費税も10%になります。

物価も上昇傾向にあるので、相対的に現金の価値は下がってしまいます。

ですので、貯金している一部を投資に回すという発想は必要になってくると思います。

僕のように月に1万円や2万円とかからでも始められるので、会社員で将来が不安!という方は僕と一緒にコツコツ資産形成していきましょう。

30年後の将来予想

 

 

736万円の積立が59%の確率で1,500万円以上になる予想です。

もちろん、30年後なんてどうなってるかわからない!

というのが本音です。

生きているのかさえ・・・。

でも、それを言ったら何も始まりませんよね。

 

もう老後なんていう言葉もなくなって一生働く時代になっていきます。

その時に積立を「しているか」「していないか」で心の余裕も違ってくるかと思います。

 

積立投資は「時間を使わない」というのが1番のメリットだと思うので、本業や副業のプラスαとして活用していきましょう。

「WealthNavi」で資産運用する
良く読まれている記事