仕事・転職

【今日から実践】会社の上司との人間関係を改善するための思考法

 

ガオピン
ガオピン
会社に行くのがつらいなぁ。仕事内容は好きなんだけど人間関係が・・・。しかも、上司との関係がうまくいかなくて困っている。どうしたらいいの?

そんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • 会社の上司との上下関係は矢印の向きで改善する
  • 「相手を変えることは不可能」受け止め方を変える
  • 色々試したけどやっぱり無理という人は転職も視野に!

この記事を書いている私は社会経験10年以上で転職もしています。

学生時代はアルバイトも沢山してきました。

色々な職場を見てきてたどり着いた結論をお話ししたいと思います。

 

*3分ほどで読めますので会社の上司との関係に悩んでいる方は参考にして下さい。

 

会社の上司との人間関係は矢印の向きで改善する

上司との上下関係は固定されているので、もし現時点で人間関係がうまくいっていない場合には上司に気に入られる,もしくは気に入られなくても、最低限関係が悪くならないような「数字」なり「行動」なり「発言」をしないといけません。

上司の発言に注意を払ってみる

上司との人間関係で悩む多くの人は「私の言うことを聞いてくれない!」と言って、自分に矢印が向いています。

向けるべき矢印は上司なのです。

これは当たり前なのですが、多くの人が勘違いしています。

もちろん、部下の話を熱心に聞いてくれる上司もいるかも知れませんが、あなたの上司も自分の上司の顔色を見て結果を出さなければいけないのです。

そう、会社では上司の顔色を伺うスキルが必要です。

 

上司のここが凄い!と言うポイントを見つける

どんな上司にも尊敬できる点が1つはあるはずです。

数字に強い、責任感がある、人脈がある、ミスが少ないなど。

いやいや、私の上司は最低な人間で褒める所なんてありません。と言う方もいるでしょう。

もし最低の上司だったとしましょう。

どうして最低な人間が管理職になっているのでしょうか?よく考えて下さい。

あなたの会社では必要と判断されているに違いありません。

最低の中にも長所を見つけることが必ずできるはずです。

例えば、

  • どんな手を使っても数字を達成させようという気持ちが飛び抜けて強い。
  • 自分の納得の行くまでやりきる辛抱強さがある。
  • 悪口を言われても自分の役職を全うする責任感がある。

矢印を上司に向けてこの人から何か吸収できないか。

という視点で観察してみましょう。

ガオピン
ガオピン
他の人が気づかないような褒めポイントに気がつけば、上司の人柄にも寛容になり、苦手意識も徐々になくなるよ。

 

「相手を変えることは不可能」受け止め方を変える

とはいえ、上司が嫌いで仕方がない皆さんは、どうしたって反論したり抵抗したくなるはずです。

  • 上司のここが気に食わない
  • もっとこうしてくれればいいのに!
  • なんで自分ばっかりに押し付けるの?

改善してほしい箇所を並べて、理想の上司を思い描くかも知れません。

しかしながら、理想の上司はそんな簡単に目の前に現れません。

ましてや目の前のクソ上司が一夜にして理想の上司になるはずもありません。

 

人願関係の原則は「相手を変えることは不可能」

この「相手を変えることは不可能」と言う原則は家族でも友達でも、恋人でも夫婦でも同じです。

理想を相手に求めてもきりがないですし、指摘されてすぐに直るぐらいならとっくに改善されています。

たかが数年一緒の職場になったぐらいで良くなることは絶対にありません。

ですので、自分を変えるしかないのです。

 

自分の受け止め方を変えることは可能

自分が納得できないことを言われたとしても、いちいち反論していて、その後に円滑に仕事が進むと思いますか?

理不尽だとしても一度受け入れる。

こんな理不尽なことも耐えれる自分ってステキ!って考えたらどうですか?

少し成長した気がしませんか。

なんでもかんでも我慢しろとは言いません、体調崩してしまう人もいますから。

でも、「受け止め方を変える」訓練はしておいたほうがいいです。

例えば、どんな時もポジティブに変換する。

そう決めてしまうことです。

ガオピン
ガオピン
「決める」→「そうなる」これは人生における原理原則なんだ!

 

色々試したけどやっぱり無理という人は転職も視野に!

ここまで、矢印を自分に向けて受け止め方を変えよう!と言いましたが、それができたら苦労しない、と思う方もいるでしょう。

私自身、転職した時は休みがなくて心身共に憔悴していて、考える力もあまり残っていませんでした。

ガオピン
ガオピン
考える余裕がないと言う人は転職も視野に入れよう!

転職と聞くと大それたことに聞こえますが、今や転職はして当たり前の時代ですし、一度飛び出してみると、見ている世界があまりに狭かったと言うことに気がつきます。

転職が怖い!と言う方はとりあえず、転職サイトを覗いて調べたりするだけでも気持ちが変わってきますよ。

「辞める」と言う選択肢があるということだけでも、頭で理解できれば気持ちも楽になったりします。

私の場合、一度やめます!と言ってから楽になりましたし、周りも期待したり過度のプレッシャーをかけてこなくなりました。

もちろん、周りからは後ろ指差されるかもしれませんが関係ありません。

他人は自分の人生の責任を取ってくれませんから。

転職サイトでは他の会社の状況や転職した方の情報も掲載されているので、転職しないとしても参考になるはず。

 

良く読まれている記事