仕事・転職

働くのが辛い!?サラリーマンがブラック企業と向きあう時の思考方

ガオピン
ガオピン
日曜の夜

明日から仕事に行くのダルいなぁ・・・。

なんで、こんな辛い気持ちで仕事しないといけないの?

でも、会社辞めたらお金もなくて困るし・・・。

そんな、あなたのようなブラック企業に勤めるサラリーマンに、極悪な会社と向きあう時の思考法をお伝えします。

この記事を読めば

  • ちょっと気持ちが楽になった
  • もう少し柔軟に考えてみよう
  • 転職サイトでも見てみるか
  • 副業でも始めてみるか

というような気持ちになるはずです。

毎日、ため息をつきながら会社に行くあなたに知ってほしいことは1つ。

『会社はあなたの人生の責任をとらない』

ということです。

他人がどう言おうが、自分の人生を決めるのはあなたです。

僕自身の事例も共有するので、ブラック企業で働き続けるべきかどうかを考えるキッカケにして下さい。

何が原因で働くのが辛いのか?

まず、初めに考えなければならないことは、何が辛くて仕事に行きたくないのかということです。

上司、同僚、仕事内容、勤務時間、給料、などなど原因はいろいろあるかと思いますが、1番自分を苦しめている原因を突き詰めましょう。

もし人間関係が原因なら、部署の異動や苦手な相手との関わり方しだいで、改善できるかもしれません。

一方、仕事内容や勤務時間などに不満があるなら、転職することが最善策かもしれません。

そう、まずは何が原因なのか?ということを良く考えてみて下さい。

原因がわかれば解決策も見つかるの!?

まずは何が原因なの?と聞きましたが、残念ながら原因がわかっても解決策はすぐ見つかりません。

思わせぶりですいません。(自分を知るという意味で、原因を追求することは凄く意味があります)

解決策がわかってもすぐに解決しない理由としては、会社というのはあなた中心に動いているわけではないからです。

会社は組織で動いているので、個人的な都合を考慮してくれません。

ですので、「上司とそりが合わないから職種を変えてほしい」と言っても動いてくれませんよ。

特にブラック企業の場合はルールも何もありませんから。(そのくせ「法令遵守」とか難しい単語が好きですが中身はありません)

人として見てるというよりは駒として見ている、と言った方が正しくて、配置転換とか移動とか自分たちの都合でしか考えません。

ブラック企業は時間だけでなく思考も奪っていく

ブラック企業に勤めるとどうなるか、という僕の事例を共有します。

飲食店の店長をしていた僕の残業は「みなし残業」という申請式でザル計算でしたし、休みの日でも上司から電話がこない日はありませんでした。

店舗で問題があれば定期的に反省会が本社で開催され、何時間も意味のない説教。

罵声を浴びせられ、「うつ病」になって休職する人も多数いました。

事例をあげればキリがありません。

僕自身、店長としてお店を任されていたので、拘束時間の長さや上司に不満があっても「押し付けられた責任感」から、「転職」という発想にはなかなかなれませんでした。

「お前は店長なんだから」「お前は責任者なんだから」という言葉。

キツかった。

もう精神的に追い込まれて睡眠時間も少なく、ただ生きているだけの何とも無気力な生活でした。

転職して他の仕事ができるのかという不安

少ない休みを利用して転職活動し、無事に転職したわけですが、不安はもちろんありました。

転職してみて感じるのは「すごく狭い世界しか見ていなかった」ということと「なんとかなる」ということです。

そうです。

新卒で入社して1社しか知らない状況では、過酷な状況が当たり前になり、頑張ろうとしてしまうのは当然です。

真面目な人ほど、入社してすぐ辞めれば「忍耐力がない!」と批判されるのではないかと思ってしまいます。

そして、

自分の可能性を過小評価して他の仕事なんてできないと、弱い自分が顔をだし、自分自身に言い聞かせてしまうのです。

そんなあなたに僕は言いたい。

「なんとかなる」と。

自分の可能性を否定しない生き方

無責任って言われるかもしれないですが転職したらいいんですよ。

転職して拘束時間が少ない会社に転職すれば副業だってできますし。

働き方は1つではないし会社も無数にあるんですから。

そうは言っても・・・。と言い訳して、転職活動をしない同僚もいましたが、結局ほとんど辞めました。

それぐらい過酷でしたからね。

特に驚きはしませんでしたが「早く転職すればよかった」とみんな言ってましたし、僕自身も6年半ぐらい我慢したので後悔しています。

今では残業は多いものの土日がしっかり休みなのでこうやってブログを書いたり子供と遊んだりと充実しています。

前職の時は疲れていたので、昼まで寝てしまいダラダラしてたら1日が終わっていた。という休みの使い方でした。

多分、あのまま仕事していたら妻にも愛想つかされて離婚してたと思います。

実際に離婚した同僚もいましたし(小学生の子供2人と35年ローンありで)

会社にコキ使われコストもかかる

会社はあなたに何をしてくれると思いますか?

月20万から30万ぐらいの給料を払って、こき使うだけで何もしてくれません。

それなりに給料もらってるから!とか、言う人もいるかもしれませんが、ストレス発散にお金が消えてないですか?

  • ギャンブル
  • 酒・タバコ
  • キャバクラ・風俗
  • マッサージ
  • 暴飲・暴食

僕の周りでは普通の人が使わなくてもいいお金を、ストレス発散と言って使っている同僚が多かったです。

そうなんです。

ブラック企業で働くと言うことは余計なコストがかかるということです。

まずは1歩だけでも踏み出そう

すぐに辞める必要はないかもしれませんが転職サイトなどで情報を集めておくことは今後必ず役に立つはずです。

転職サイトでは、同じような境遇で転職を余儀なくされた先輩方が沢山いて、視野が広がります。

  • こんな人もいるんだ
  • こんな会社があるんだ

選択肢があるというだけで、苦しかった自分の気持ちが、少し軽くなることは間違いありません。

僕も時間のない中で、何か待遇のいい転職先あるかなぁ〜。ぐらいで見てましたからw

今の職場でずっと働くのは辛いかも・・・。そんなことを一瞬でも考えたことがあるならあの時の僕のように転職サイトをのぞいてみることをオススメします。

この記事を読んだあなたが少しでも前向きになれることを願っています。

>>業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

追伸

すでに転職して多少の時間が取れる、という方は次のステップである副業に挑戦しましょう。

僕自身まだまだですが、自力で稼げるようになるために日々ブログを書いています。

処世術なども記事にしているので時間のあるときにまた読んでいただけると嬉しいです。

良く読まれている記事